2016年4月から情報理工学研究科 情報・ネットワーク工学専攻吉永・吉見研究室,策力木格研究室に移行しました.

吉永研配属希望のかたへ


このページに関する質問・相談は,お気軽に下記までお問い合わせください.

  • 吉永努教授 (yosinaga _at_ is.uec.ac.jp)
  • 吉見真聡助教 (yoshimi _at_ is.uec.ac.jp)

私達と一緒に研究しませんか?

ネットワークが大好き,ケータイが手放せない,スーパーコンピュータが好き,パソコンに囲まれて暮らしたい, 人に使ってもらえる研究成果を出したい,先進的な研究をしたい,…そんな人は,ぜひ一緒に研究しましょう! そして,研究成果は国内外の学会や論文誌に,どんどん発表しましょう.企業や他大学,研究所との共同研究も 多数行なっています.アグレッシブに研究して大学院生活を充実させたい方,ひとつの研究室に留まらず,世界の研究者と交流を持ちたい方,大歓迎です.

ハードウエアからサービスまで,ネットワークを広く扱っています

吉永研究室では,ネットワークとコンピュータの融合分野を, ハードウエアからソフトウエアまで,幅広く扱っています.吉永努教授の専門分野のキーワードは,以下の通りです.

吉永努教授

計算機システム,分散・並列計算機ネットワーク,ルーティング・アルゴリズム,クラスタコンピューティング,分散・並列アルゴリズム,ホームネットワーク,セキュリティ

吉見真聡助教

GPGPU,FPGA,レイトレーシング

ホームネットワーク/モバイルコンピューティング

携帯電話、モバイルコンピュータとクラウド計算環境を相互に接続したネットワーク上でのプログラミング技術やアプリケーションシステムについての研究をおこないます

スマートフォンのセンサ情報を利用したコンテンツアクセスシステム

mobile1001

モバイルとクラスタの連携による画像解析の応用技術

mobile1.002

クラスタコンピューティング

マルチコア, マルチプロセッサ, GPUを組み合わせたクラスタ環境での高性能・分散並列アルゴリズムについて研究します.
詳細はこちら.

視覚神経系シミュレーションの高速化

simbrain

ルーティング

ルーティンググループでは,ネットワークトポロジやフロー制御,ルーティングアルゴリズム,ルータマイクロアーキテクチャを中心にNoCの性能を向上させる手法について研究をおこないます.
詳細はこちら.

予測ルーティング

大規模クラスタ等の大規模ネットワークでの高速・効率的なルーティング手法を研究します. 具体的には,ネットワークの輻輳を予測したり,複数経路を比較検討することで,パケットを 安全かつ高速に配送可能なアルゴリズムを構築・実装します.

router

また,近年のSystem on Chip (SoC)の大規模化を受けて,光ネットワークによるオンチップ ネットワークを想定し,そこでの高速かつ効果的なルーティング手法についても研究しています. SoCにおける光ルーティングでは,高速・低レイテンシといった従来の指標に加えて,低消費電力 であることも重要視されます.
ルーティンググループは,国立情報学研究所および慶應義塾大学と共同研究を行なっています.

データマイニング

データマイニング処理を活用して、ログデータからの障害検知システムの実現や、ブログデータからのリコメンデーションシステムの実現などを目指して研究しています。

ブログを利用したスポット推薦システム

dm.001

専用ハードウェアによる計算アクセラレーション

FPGAを用いて、特定用途向けの専用計算機を設計し処理を高速化します。ストリーミングデータベース処理エンジンや囲碁専用ハードウェアの研究を行っています。

専用ハードウェアシステムで高速化

mobile1.003

入試情報

ネットワークコンピューティング学講座 吉永研究室 は,電気通信大学 大学院情報システム学研究科に所属しています.

大学院情報システム学研究科は,電気通信大学の学部卒業生だけでなく,他大学の卒業生や留学生が集まる,独立大学院の研究科です.学部とは異なる環境で研究をしたい方,大学院で思いっきり研究に打ち込んでみたい方の応募をお待ちしています.

入試に関する情報は研究科の入試情報ページでご確認下さい.なお,一般入試ではTOEICの点数が必要になりますので,受験を忘れないよう気をつけて下さい.